タクシー求人

大学新卒のタクシードライバーが増えている

タクシードライバーはホワイト企業というニュースが日経新聞に掲載されていました。新卒の応募が集まっている理由は大きく2点で、1つ目はワークライフバランスの良さがあげられます。タクシーは日勤や夜勤もあるため労働管理がきっちり行われています。そのため一般企業より出勤日数が少なかったり、サービス残業ということが起こりにくい業態であります。
2点目は働く社員が社会貢献感を感じることができるということです。老人の方を病院へ送迎したり、外国人観光客を観光地に案内したり、BtoC業としてお客様の困ったことに対応できるため社会と繋がってるという実感を仕事を通して得ることができます。一昔前とは違い就職する企業を選ぶ価値観として、自分の時間の確保や社会への貢献度が高まってきた今の時代ならではの現象になっています。世代間による考えの違いは親の世代に大きく、タクシードライバーとして就職するために我が子を大学まで行かせたのではないという意見も多くあがっているようです。
新卒で入社する人が増えることによって、業界の活性化や行き届きにくかった接客・サービス業としての責任感を持った人材育成が可能になり業績を伸ばしている企業も多くあります。

インフォメーション

女性ドライバーが圧倒的に稼ぎやすい理由

基本的にタクシー会社は男社会です。女性自体が密室での接客を怖がってあまりタクシー会社で働くことを選択しません。しかし、少ないからこそ需要があるのです。仕事で疲れてタクシーに乗る時、やはり女性と話すことが癒しになります。…

もっと読む

タクシードライバーについて

タクシードライバーには年収600万円ほど稼げる人もいれば、またその半分しか稼げない人もいます。そしてタクシードライバーの一番重要なことが売り上げを上げるということです。売り上げを上げると乗客の人にも、自分の給料もあがりウィンウ…

もっと読む